Information Protectionプロダクト

Information Protection


Proofpoint Information Protection は、内部関係者(インサイダー)の悪意、怠惰、または自己によるデータ損失、犯罪、およびブランド価値の毀損などの内部脅威から組織を守ります。保護の対象は、クラウドサービス、E メール、エンドポイント、オンプレミスのファイル共有のすべてにおよび、コンテンツ、ユーザーの振る舞い、脅威のテレメトリー情報を収集することで、リスクを洗い出し、リスクによるダメージを低減します。このようなプルーフポイント独自の People-Centric アプローチは、旧来の課題が残る情報漏えい対策 (DLP) ソリューションから一新してセキュリティ対策を向上させたい組織にも、これからDLP、あるいは内部脅威管理 (ITM) プログラムを導入したい組織にも役立ちます。導入および保守が容易な最新のアーキテクチャを用いることで、早期の効果の実現とエンドユーザー エクスペリエンスの最適化を実現します。

Man Using iPad on Network Protected by Proofpoint Information Protection

Eメール、クラウドアプリケーション、エンドポイント、オンプレミスでのファイル共有、および SharePoint 内のデータを特定し、追跡、保護します。

コンテンツの検査

データを完全に可視化

プルーフポイントの共通コンテンツ分類は、15 年近くにわたり改善が加えられてきた信頼性の高い自動化された機能です。E メール、クラウドおよびオンプレミスのファイル共有の全体を対象とし、送受信中か保管中かを問わず機密情報を特定します。HIPAA、GDPR などのさまざまな業界のデータ保護規則の遵守も、プルーフポイントの既定のテンプレートと、辞書、Regex(正規表現)、スマート識別子、ProximityMatching、Exact Data Matching、メタデータのタグ付けおよびファイルのフィンガープリントなどといった検知テクニックを使用しています。

ユーザーの行動

コンテキストを最大限に
活用する

インシデントの前後関係を示すコンテキスト情報があれば、アラートに関する詳細情報 (誰が、何を、いつ、なぜ、どこで行ったのか) や、現実に発生した事態について、即座に理解することができます。ファイルやデータの移動元、移動先、用いられた手段などから、エンドユーザーが何をしているのかを把握できます。さらに、ユーザー アクティビティーとデータの移動を関連付けることで、データ損失から組織を守り内部脅威に対処するための迅速な行動に出ることができます。

脅威インサイト

外部リスクからデータを
保護する

データリスクが、アカウント侵害を受けたユーザーに起因するのか、またはアカウント侵害の標的とされたユーザーに起因するのかの判断には、組織の DLP に組み込まれた業界トップのプルーフポイント脅威インテリジェンスを使います。プルーフポイントの Nexus 脅威グラフを活用して、E メール、クラウド、その他のテレメトリー全体からプルーフポイントの脅威インテリジェンスを集約し、データ抜き出しの発生時、まさに時間が勝負となるそのときに迅速な対応を促します。 

インシデント管理

インシデント
管理の効率化

コンテンツ、ユーザー行動、脅威のテレメトリー全体にわたって可視化されるため、容易に複数チャネルの DLP インシデントを監視して管理することができます。すべては単一のコンソールから操作が可能です。詳細なビューとコンソール内でのチャネル固有の解決オプションで、インシデントを迅速に解決します。

最新のアーキテクチャ

クラウドベースのソリューションで早期の効果を実現

プルーフポイントの Information Protection プラットフォームは、法人向けのデプロイをサポートする最新のソフトウェア アーキテクチャで構築されています。クラウドベースで導入が容易であるため、早期の効果が期待できます。プルーフポイントのインライン手法、API、分離機能を活用して、クラウドアプリを可視化し、強化します。従来のソリューションがとっていたリソース負担の大きいアプローチから脱却して軽量なエンドポイント DLP を利用すれば、PC がクラッシュしたりエンドユーザーが不満を募らせるといった心配もありません。

プルーフポイント製品について

Enterprise Data Loss Prevention

コンテンツ、行動および脅威のテレメトリーを集約したプルーフポイント独自のアプローチで、ユーザーの不注意、侵害行為、悪意のあるユーザーを原因として生じるあらゆるデータ損失リスクに対応します。


Enterprise DLP の詳細をご覧ください。

Email Data Loss Prevention

あらかじめ設定されているポリシーと詳細なコンテンツスキャンで、E メールに含まれる機密情報の検知と管理を行います。


Email DLPの詳細

Email Encryption(メールの暗号化)

メールや添付ファイルのポリシーベースの暗号化により、コミュニケーションの安全を確保します。シームレスなモバイルアクセスが可能で、鍵の失効はユーザーがセルフサービスで行えます。


Email Encryptionの詳細

Cloud App Security Broker

Microsoft 365 や Google G Suite、Amazon Web Services (AWS) などのクラウドアプリにおいて、リスクを考慮したデータ保護と高度な脅威対策を提供します。


Cloud App Security Broker の詳細をご覧ください。

Data Discover

ファイル共有、データストア、SharePointサイト上の機密データを正確に発見、監視、保護します。


Data Discoverの詳細