DLP Hero

DLP Flat Block


Proofpoint の誤送信対策ソリューション

電子メールはいまや企業活動にとって必要不可欠なものとなっています。しかし、電子メールの利用頻度が上がるに従い、電子メールに関連した情報の漏洩のリスクがかつてなく高まっています。Proofpoint は統合型メッセージングセキュリティのリーディングカンパニーとして、アウトバウンドの電子メールを保護する技術を次々に開発してまいりました。


Features

ウイルス・スパム対策の次は誤送信対策

企業におけるアンチウイルス・アンチスパムソリューションの導入が進んでいますが、ウイルス・スパムと並ぶリスクとして位置付けられている、電子メールの誤送信対策については、導入が進んでいません。これまで、DLP テクノロジーをベースとした誤送信防止が提案されてきましたが、送ってしまった後にそのメールを「撤回」することはできませんでした。

Proofpoint の誤送信対策は、Proofpoint がこれまで培ってきたDLP テクノロジーと、Proofpoint Enterprise Protection and Privacy で サポートされた最新の機能を組み合わせて実現する 複数の誤送信対策から構成されており、送信後の取り消しも可能 になっています。お客様は、これらの対策を自由に組み合わせて、自社に最適な誤送信対策ソリューションを段階的 に構築できます。また、監査モードにより、導入前の効果検証を行うことも可能です。

 
Expand Collapse

一時保留・ワンクリック削除/即時配信

特定の条件を満たすメールがフィルタリングエンジンにより検疫フォルダに一時保留され、送信者に自動応答メッセージを送信します。送信者はメールを削除するか、そのまま送信するかをワンクリックで選ぶことが出来ます。

 
Expand Collapse

送信後のメール取り消し・未読の証明

Proofpoint Encryption でメッセージを自動的に暗号化し、鍵をメッセージごとに生成します。受信者はその鍵を使って暗号化されたメッセージを読みます。誤送信が判明した場合、送信者が解読用の暗号鍵をクラウド上のサーバーから削除することにより、削除後はメールの復号化はできなくなり、誤送信による情報の漏洩・拡散を防ぐことができます。
また、暗号化メッセージが開封されたかどうかを送信者側で確実に把握できますから、情報が拡散してしまったかどうかも確認でき、開封されていなければ「拡散していない(漏洩していない)」ことの証明にもなります。

 
Expand Collapse

送信後の添付ファイル取り消し

ユーザがSecure File Transfer にファイルをアップロードすると、ファイルのありかを示す URL を受信者に送信し、受信者はその URL にアクセスして、添付ファイルを入手します。 万一誤送信が判明した場合、SFT 上から該当するファイルを削除してしまえば、それ以上情報が拡散するのを防ぐことができます。

 
Expand Collapse

運用負担を軽減するマネージャ承認

Email Firewall には、条件を満たすメールをそのまま送信せずに、検疫フォルダに保存し、マネージャの承認を得られるまで保留する「検疫」機能があります。担当者のメールをそのまま送信するのではなく、いったんマネージャが内容を確認することにより、誤送信を防ぐことができます。

 
Expand Collapse

Bcc 化によるTo/Cc アドレスの秘匿

電子メールの To: やCc: フィールドに入力されたメールアドレスは、受信者すべてに見えてしまいます。アドレスを秘匿したい場合には Bcc: を使う必要がありますが、ついうっかりそのまま送ってしまうこともあります。
Email Firewall を使えば、顧客や関係者のメールアドレスが漏えいしないよう、自動的に秘匿することができます。Email Firewall のポリシーで、To: または Cc: に一定数以上のアドレスが含まれる場合や、特定のアドレスが含まれる場合などを設定し、アクションとして、Cc: を削除、To: を送信者アドレスに書き換えて送信します。これで受信者には、送信者以外のアドレスは表示されません。

 
Expand Collapse