高度なe-discovery分析

Archiving and Compliance


組織は情報から深いインサイトを引き出せるツールやソフトウェアを必要としています。Proofpointのe-discovery分析は、e-discovery要件を予防的に迅速かつ低コストで満たします。Enterprise Archiveはe-discovery及び法務機能を提供しますが、これに加えて、Proofpointのe-discovery分析は高度なe-discovery機械学習・分析機能を提供します。これにより、訴訟対策戦略用の詳細なインサイトの入手、訴訟案件の早期評価査定の迅速化、法務部門のサポート、そしてプロアクティブな訴訟準備が可能になります。つまり、より少ないコストとリスクで、より良くコントロールできるようになります。

機能と利点

主要なデジタルコミュニケーションチャネル(メールを含む)におけるe-discoveryの時間とコストを削減

法務部門をサポート

法務部門はe-discoveryを自分でコントロールできるため、時間、コスト、リスクを大幅に削減できます。一刻も早い対応が必要な場合、法務部門はe-discoveryの結果をできるだけ早く入手しなければなりません。社内弁護士が増えるに従い、高い正確性、迅速な意思決定、高い防御可能性が必要になっています。Proofpointのe-discovery分析ソフトウェアを使うと、以下のような機能を実現できます。

  • 数百万通のメールを数時間ではなく数秒で検索でき、インサイトを迅速に入手できます。
  • すべてのコンテンツタイプを網羅した単一の集中レポジトリで防御可能性を高められます。
  • 大量の結果のエクスポートにも対応でき、外部組織や弁護士に追加費用無しで共有できます。

レビューを効率化し、サードパーティコストを削減

e-discoveryで最もコストがかかるのは情報のレビューです。多くの組織では、Predictive Coding(予測コーディング)のような機能を持った社内ツールを使ってレビューコストを削減し始めています。Proofpointのe-discovery分析ソフトウェアでは、以下のようなことが実現できます。

  • データを迅速かつ簡単に選択しレビューできます。
  • データセットを厳選し、サードパーティレビュアーに渡すエクスポートを最低限にとどめられます。
  • Technology Assisted Review(TAR)を用いて、小規模な案件でも人によるレビュー時間を削減できます。

訴訟案件の早期評価査定の迅速化と優れたインサイト

疑いなく、優れたデータインサイトが得られればリスクは減ります。Proofpointは分析、ダッシュボード、可視化機能を提供します。そしてこれらから得られる詳細なコンテキストとインサイトは、リスクの低減に役立ちます。これにより、e-discoveryをさらに簡易化・最適化でき、データ量が増えても優れたインサイトが得られます。また訴訟案件の早期評価査定(ECA:Early Case Assessment)を迅速かつ正確に行うための意思決定を行えます。Proofpointのe-discovery分析ソフトウェアでは、以下のようなことが実現できます。

  • e-discoveryにかかる時間を短縮できます。
  • スレッドを使ってコミュニケーションをリアルタイムに閲覧できます。
  • インタラクション分析のような機能を使って、調査が必要な主要な証拠管理者やパターンを理解できます。
  • トピッククラスタリングとタイムライングラフを用いて、検索基準をより正確に定義できます。

まずは無料のトライアルをお試しください