Proofpoint E-Discovery Analytics

Archiving and Compliance


昨今、増える訴訟に従って、eDiscovery の要求が増える傾向にあり、多くの企業にとって、訴訟対策のために準備をおこなうことが重要になってきています。Proofpoint E-Discover Analytics を使用すれば、この課題を解決できます。その革新的なツールを使用して知見を得ることにより、コスト効率と弁護可能性に優れる方法で eDiscovery の義務を果たすことができます。

機能と利点

法務部門をサポート

法務部門は eDiscovery を自分でコントロールできるため、時間、コスト、リスクを大幅に削減できます。一刻も早い対応が必要な場合、法務部門は eDiscovery の結果をできるだけ早く入手しなければなりません。社内弁護士が増えるに従い、法務部門では高い正確性、迅速な意思決定、高い弁護可能性が必要になっています。Proofpoint E-Discovery Analytics では、次のようなことを実現できます。

  • 数百万通のメールを数時間や数日ではなく数秒で検索でき、物事の実態を見抜くインサイトを迅速に入手できます。
  • すべてのコンテンツタイプを網羅した単一の集中レポジトリで弁護可能性を高めることができます。
  • 大量の結果を安全にエクスポートし、外部組織や弁護士に追加費用なしで共有できます。

レビューを効率化し、サードパーティコストを削減

eDiscovery で最もコストがかかるのは情報のレビューです。このコストを削減するために、多くの企業は自動化や機械学習など、高度な機能を利用しています。  Proofpoint E-Discovery Analytics では、次のようなことを実現できます。

  • データを迅速かつ簡単に選択しレビューできます。
  • データセットを厳選し、サードパーティレビュアーに渡すエクスポートを最低限にとどめられます。
  • 機械学習を用いて、小規模な案件でもマニュアルの法的レビュー時間を削減できます。

eDiscovery の準備と真相を見抜くインサイトの向上

優れたデータインサイトがあればリスクが減ることは明らかです。プルーフポイントが提供する豊富な分析機能、ダッシュボード、対話スレッド、可視化機能により、より優れたコンテキストとインサイトを利用してリスクを軽減できます。また、eDiscovery をさらに簡易化・最適化し、データ量が増えても優れたインサイトを得ることができます。また訴訟案件の早期評価査定(ECA:Early Case Assessment)を迅速かつ正確に行うための意思決定を行えます。Proofpoint E-Discovery Analytics では、次のようなことを実現できます。

  • e-discovery の要素をケースに整理し、eDiscovery 要求への応答を適切に追跡できます。
  • 検索結果を絞り込み、早期評価査定を迅速に行うことができます。
  • eDiscovery 対応時間を短縮します。
  • スレッドを用いて、コミュニケーションをリアルタイムに閲覧できます。
  • インタラクション分析などの機能により、主要な管理者や調査すべきパターンを把握することができます。
  • トピッククラスタリングとタイムライングラフを用いて、検索基準をより正確に定義できます。
  • クエリ語句の影響を理解し、検索結果の精度を高めることができます。

ケース管理のブログを読む