政府および地方自治体

行政の独自のニーズに応える
高度なセキュリティと
コンプライアンス

日々、新しいセキュリティ脅威が生まれ、新しい標的が生まれる

毎日のように政府組織や、州、市、郡への攻撃がニュースとなり、ランサムウェアからフィッシングまで、行政への攻撃は記録的な数に上っています。フィッシングメールの手法は日々進化し続け、効果を上げ続けているため、多くのサイバー攻撃が依然としてフィッシングメールを使っています。プルーフポイントの高度なメール セキュリティ ソリューションを用いれば、さまざまなメール脅威に対抗でき、攻撃がユーザーに到達する前に阻止できます。

シェアNo1 Eメールセキュリティ

攻撃者のアカウントの乗っ取りを防ぐ

行政を装った偽アカウントや、実際の行政が用いているメールアカウントが不正アクセスされ、それを用いて「人」を騙すための悪意のあるメールが送信されないようにする必要があります。プルーフポイントの調査によると、公共セクターでのアカウント侵害が増加しており、侵害されたアカウントは、メール詐欺から内部フィッシング攻撃まで、さまざまな方法で悪用されています。プルーフポイントのクラウド アプリ セキュリティ ソリューションは、不審な転送ルール、ログインアラートの削除、デバイスの異常使用、そしてアカウント乗っ取りを示すその他の指標を発見し、適切な対応を可能にします。

Cloud App Security Broker (CASB)

Microsoft 365 の保護強化

Microsoft 365 への移行で、州政府や地方自治体は運用上多くのメリットを享受できるようになります。しかし Microsoft 365 を保護するには、製品に付属している制御だけでは不十分です。適切なサイバーセキュリティ ツールと知見を活用して、高度な脅威対策を実現しましょう。

Security and Compliance for Office 365