Proofpoint SER (Secure Email Relay)

Email Security and Protection


アプリメールに対する送信元認証支援サービス

Proofpoint SER (Secure Email Relay) は、アプリケーションメールのための高度なソリューションです。オンプレミス リレーからクラウドへの移行をサポートします。また、組織の信頼できるドメインを脆弱なアプリや侵害されたメールサービスプロバイダによる悪用から保護します。さらに、サードパーティアプリが DMARC コンプライアンスに準拠したメールを送信できるようにすることで、DMARC の導入を促進します。

メールの送信については、同等レベルの保護を実現しながら、ユーザーメールとアプリケーションメールを分離することが重要です。ここで Proofpoint SER が役立ちます。

ビデオ

Proofpoint SER デモ

Proofpoint SER の利点をご覧ください。

概要を見る

機能と利点

アプリケーションメールを安全に保護し、DMARC の導入を加速

安全なアプリケーションメールを送信する

承認された送信元だけに中継器への接続を許可することで、メールの受信者を守ります。また、不審なコンテンツがないかメッセージをスキャンし、DKIM 署名を適用してから送信します。

  • 1 つのソリューションで、内部アプリケーション、プリンター複合機、サードパーティ パートナーから送信されたメールをセキュリティ保護
  • スパム対策とアンチウイルス ツールでアプリケーションメールをスキャンすることにより、アカウント乗っ取りにつながる攻撃対象領域を削減
  • 組織のドメインを使用して DMARC コンプライアンス要件を満たしたメールに DKIM 署名を適用することで、アプリケーション送信者の認証を簡素化
  • アプリケーションメールにペイロード暗号化と情報漏えい対策 (DLP) を適用することで、データ漏えいを防ぎ、個人を特定できる情報 (PII) や保護されるべき医療情報 (PHI) をはじめとする機密データを保護

サードパーティアプリが送信するメールの管理を強化する

サードパーティアプリがユーザーの代わりにアプリケーションメールを送信すると、信頼できるドメインを危険にさらすことになりますが、統合と一元管理により制御を回復することができます。

  • E メールを組織に代わって送信する ServiceNow、Salesforce および Workday などの SaaS プロバイダからのアプリケーションメールを保護
  • 組織のドメインを使用してメールを送信しようとしているサードパーティアプリを検証することで、アプリケーションメールを可視化
  • 組織のドメインを使用して DMARC コンプライアンス要件を満たしたアプリに DKIM 署名を適用
  • 侵害されたサードパーティアプリからの送信を停止する機能を搭載

メールのクラウドへの完全な移行を実現する

アプリケーションメールをクラウドに移行するのは思っているほど簡単ではありません。ソリューションによっては制限に直面することもあります。Proofpoint SER なら適切に進めることができます。

  • アプリケーションメールに対応するためのオンプレミスのソリューションを運用し続ける必要性を排除
  • 内部と外部の受信者両方に対処するソリューションを提供
  • スループットにおける真のスケーラビリティを制限されることなく実現