Proofpoint Web Security

Security Service Edge


高度な Web 脅威から従業員を守る

プルーフポイントの Proofpoint Web Security は、Web を閲覧するユーザーを高度な脅威から守ります。スケーラブルなクラウドベースのアーキテクチャに加えて、高度なセキュリティが備わっており、従来のソリューションに比べて管理および導入しやすい脅威対策とアクセス コントロールを実現します

Proofpoint Web Security

主な機能

適応型のメール脅威インテリジェンスで攻撃者の一歩先を行く

高度な Web 脅威対策

Proofpoint Web Security 機能は、プルーフポイント脅威インテリジェンスを活用した業界をリードする脅威検知能力を備えています。スケーラブルなクラウドベースのアーキテクチャの上に構築されており、Web を閲覧するユーザーを脅威から自動的にブロックします。つまり、ユーザーが社内から閲覧していても、リモート環境から閲覧していても、同じレベルのセキュリティに守られることになるのです。これにより、従業員と組織の安全を維持できるようになります。

  • 既知の悪意のあるサイトへのアクセスを自動的にブロック
  • プルーフポイントの大規模な脅威インテリジェンスを基にしたレピュテーションベースの検知と防止
  • 不明なサイトに対する徹底的なサンドボックスの利用
  • クラウドベースの脅威における可視性を強化
  • クラウドベースの脅威に関連する組織のリスクを低減
  • シンプルなセキュリティルールで組織全体に簡単に導入

People-Centric ("人" 中心) アクセス コントロール

Proofpoint Web Security であれば、管理対象デバイスからユーザーが職場内からでも職場外からでもWeb アクセスに対応可能です。この使いやすいツールにより、人それぞれに適切なセキュリティを構築するPeople-Centric アプローチでアクセス コントロールをおこなうことができます。また、危険と考えられるシャドー IT アプリに対する可視性とコントロールも向上します。従来のブロックルールを超えて、特定の Web トラフィックを分離することも可能です。これにより、組織へのリスクを低減しながら、ユーザーは各種サイトにアクセスできます。

  • ドメイン、URL、IP ベースのアクセス コントロールを実現
  • シャドー IT アプリのインライン検知と実行
  • 内蔵の分離機能でブロックページをカスタマイズし、アクセス制御を強化
  • SSL 暗号化解除を使用して Web トラフィックの完全な可視性とコントロールを実現

情報漏えい対策 (DLP)

組織の機密データやリソースを盗難や紛失から守ることは極めて重要です。ユーザーが Web を利用している間、プルーフポイントが People-Centric アプローチでデータを保護する理由はここにあります。Proofpoint Web Security にはプルーフポイントの最先端の情報漏えい対策 (DLP) 機能を内蔵しており、ユーザーが職場内と職場外どちらからアクセスしても、組織のデータの安全を確実に守ります。 

  • SaaS アプリケーション向けインラインの内蔵 DLP を利用
  • Web トラフィックを分離してアップロード/ダウンロードおよびコピー/ペーストを阻止
  • 組織全体、各グループ、特定のユーザーに対して規則を簡単に適用
  • 事前定義されたディテクター、ディクショナリー、スマート識別子、正確なデータマッチングを組織のニーズに合わせて選択

クラウドベースの管理

Proofpoint Web Security は使いやすいクラウドベースの管理ツールです。プルーフポイントが簡単なプロセスでソリューションを組織全体に展開できるようにしました。Proofpoint Web Security を世界中に分散することで、ユーザーは低遅延で利用できるようになります。これによりフラストレーションも低減できます。また、プルーフポイントの管理ツールは API ベースで、リモート管理が可能です。さらに、他のプルーフポイントのクラウド セキュリティ ソリューションとシームレスに統合できます。

  • 世界中に分散するクラウドベースのプロキシを利用
  • クラウドベースのコンソールから管理
  • 内蔵の SSO 統合機能
  • IdP を使用してユーザーをプロビジョニング
  • 組織の既存の SIEM にログを送信

シームレスな分離の統合

ただ許可やブロックする以上のものをお探しですか?Proofpoint Web Security と Proofpoint Browser Isolation をシームレスに統合すれば簡単に付加機能をご活用いただけます。不明なサイト、疑わしいサイト、またはメールやバンキングなど個人的に使用しているサイトについては、Proofpoint Browser Isolation で開くように指定できます。これにより、ユーザーや使用しているデバイスに影響を及ぼす可能性のあるページによる脅威からユーザーを保護した上で、ユーザーに Web の閲覧を許可できます。

  • 企業資産のセキュリティリスクを限りなくゼロに近づけることで、不明な、疑わしい、または個人的に使用しているいかなる Web トラフィックの検閲が不要に
  • 従業員のプライバシーを保護
  • コンプライアンス違反をすることなく必要な監視を実行
  • 個人 Web メールでのフィッシング攻撃からユーザーを保護
  • 会社支給デバイス上での外部コンテンツ (JavaScript やアクティブコンテンツなど) の実行を阻止