E-book

DLP を再定義する

 

データはそれ自体で勝手に消えたりするものではありません。不注意の場合も、不正アクセスを受けた場合も、悪意の場合も、人の行為によって失われます。重要な情報を囲い込むという従来型のデータ漏えい対策 (DLP) アプローチは、常時接続されている現代ではその役割を十分に果たすことができません。この e-book では、急速に変化する現代の働き方や IT 環境において拡大しつつある課題を検討し、従来型の DLP アプローチには限界がある理由を説明します。さらに現代の組織にあった DLP を構築するためのロードマップを提供します。

この e-book で取り上げる内容は次のとおりです。

  • レガシーの DLP アプローチに不足するもの
  • 機密データを保護する実践的な推奨事項
  • DLP を再定義することのメリット

詳細はe-book をダウンロードしてご覧ください。