Threat Report

内部脅威による損失グローバルレポート 2020

インサイダー脅威によるコストの全体平均は、2年間で31%増加して1,145万ドルになりました。さらに、インシデントの数も同じ期間で47%も増加しました。

このPonemon Instituteのレポートでは、インサイダー脅威に起因する主なコスト要因の詳細をまとめています。また、最も影響を受けた業界、企業規模、及び地域についても報告しています。主な調査結果は以下の通りです。

  • 最も高いコスト要因は「封じ込め」で、1社あたり年間平均211,533ドルのコストがかかっていました。
  • 最も急増しているコスト要因は「調査(捜査)」で、3年前に比べて86%増加しています。
  • インシデントが長引くほど、かかるコストは高くなります。インシデントの封じ込めにかかる期間は平均77日で、封じ込めに90日以上を要したインシデントのコストは平均で1,371万ドル(年換算)でした。

調査結果の詳細や、効果的なインサイダー脅威管理プログラムの導入のヒントについては、レポートをダウンロードしてご確認ください。