Building with blue glass wall

人を保護する:高度な標的型サイバー攻撃に関する四半期分析

誰でも VAP(Very Attacked Person™) になりえます。そして VAP は予想通りの人とは限りません。

最新の「人を保護する」レポートでは、誰がどのように標的にされているか、そしてそれに対して何ができるかを説明しています。

ハイライト:

  • 今四半期でもっともよく標的にされたメールアドレスのうち 99% は前回のレポートにランクインしていませんでした。これはつまり、攻撃者が頻繁に標的を変えているということを意味します。
  • マーケティング、広報、人事部門の従業員は、攻撃を受ける確率が前四半期より増加しています。
  • ソーシャルメディア上のカスタマーサポート詐欺は前年同期比で 486% になり、これまでにないほど多くなっています。
  • 狙われた組織 1 社あたりのメール詐欺の平均攻撃数は 36 件に増加し前年同期比では 80% 増です。
  • メール ベースの企業認証情報フィッシング攻撃は前四半期から 4 倍に増加しました
  • Web ベースのソーシャル エンジニアリング攻撃は前四半期の 233% 増になっています。

完全版のレポートをダウンロードして、現在の高度な標的型攻撃の詳細をご覧ください。