White Paper

PEOPLE-CENTRIC アプローチを用いた内部脅威対策

データ漏えいの 50% 以上は内部関係者などが引き起こす、内部不正などのインサイダー脅威によるものと報告されています。

厳しい競争社会において、現代の労働者はより国際化し、働く人々は短期間で会社を渡り歩き、 また常にネットに繋がっています。 従来のサイバーセキュリティは外部からの侵入防御に焦点を当てていましたが、現在のセキュリティはそれに加え、 内側からの脅威にも対応しなければなりません。

ObserveIT | Internal Threat Management は、 インサイダー (内部関係者) の悪意、 怠慢、 または事故によるデータ漏えい、 犯罪、 およびブランド価値の毀損から企業を守ります。

組織における最大の脆弱性は「人」です。 攻撃者が「人」から狙う 中、 セキュリティも「人」中心に組み立てる必要があります。 PEOPLE-CENTRIC アプローチを用いた内部脅威対策の詳細をご覧ください。