日本プルーフポイント、 インシデント対処と脅威インテリジェンスソリューションに進出 セキュリティスイートを強化

September 08, 2016

~「Proofpoint Threat Response」と 「ET Intelligence」で
先進的なセキュリティの統合と自動化、脅威についての知見を提供~
- 従来の数倍の速度で、脅威への対応が可能に-

電子メールセキュリティをはじめとしたサイバーセキュリティのリーディングカンパニーである日本プルーフポイント株式会社 (本社: 東京都中央区、マネージングダイレクター: ローン フェゼック、米Proofpoint Inc.の日本法人) は、日本全国の組織のために、セキュリティの先進的な統合及び自動化を実現してインテリジェンスを提供する新しいセキュリティソリューション「Threat Response」と 「Emerging Threats (ET) Intelligence」の提供を9月9日から開始します。

この新しいソリューションは、既存のセキュリティ インフラストラクチャとサイバーインテリジェンスのアラートを統合することにより、インシデントの解決を早め、サイバー攻撃に対する防御を包括的に行えるよう、セキュリティチームをサポートするものです。例えば、「Threat Response」を利用することで組織のサイバー攻撃対策を再編成した上で自動化を促進し、サイバーセキュリティの分析や管理の担当者が、従来の20分の1の時間で脅威を見つけ出し、他社製品と連携した上での対処をすることもできます。

 

背景

Proofpoint Inc.は企業買収を通じた技術やサービスとの統合により、脅威対処のためのソリューションを強化し、先行提供していました。日本でも近年、大型のサイバー攻撃が報じられ、注目される一方、脅威情報の分析担当者やサイバー対策従事者は多くのアラートを受け取っており、優先順位や問題発見までに時間がかかることが問題となっています。こうした状況の中で、日本でも同様にスムーズにサイバー脅威を分析・対処していくことが求められていると判断しました。

ET Intelligenceは、専門の脅威研究者のチームが世界最大級のマルウェア交換システムや自動化された収集/解析システムを活用して、すぐに活用できる最新の脅威インテリジェンスを生成し、先進的サイバー攻撃を検知/遮断し、影響を緩和します。

このシステムは、毎日数百万件のマルウェアサンプル及びその他のグローバルな脅威指標を収集し、サイバー犯罪者のマルウェア配信とコマンド&コントロール(C&C)インフラストラクチャに関するインテリジェンスを生成します。このインテリジェンスが、Proofpoint Threat ResponseやSIEMなどのセキュリティプラットフォームに供給されるため、ユーザー組織の巧妙なサイバー攻撃を遮断することができるようになります。

 

*ET Intelligenceの情報収集フロー

 

Proofpoint Threat Responseは、サイバー攻撃へのインシデントレスポンスを自動化して効率化するための業界初の機能を備えており、お客様からは脅威封じ込めの対応時間が20分の1でできるようになったとの報告があります。主な機能は下記の通りです。

  • 実践的な内部及び外部のインテリジェンス、攻撃データ、一連のフォレンジック及びエンドポイント検証に基づくセキュリティアラートの優先度付け機能:セキュリティチームはローカル及び外部のホスト、特権ユーザーのアイデンティティ、マリシャルなメールの無効化が可能に。

  • Threat Response Auto-Pull:配信されたメールメッセージがマリシャス(悪意あるもの)と判定された場合、自動的に検疫・隔離し、そこで得られた脅威情報を使って、ファイアウォールやWebプロキシなどのユーザートラフィックを検査している既存のセキュリティインフラストラクチャをアップデートします。

  • 既存のセキュリティインフラストラクチャを活用するための統合機能:あらかじめ組み込まれたもので、Proofpointのソリューション以外にもCisco、 FireEye、 Palo Alto Networks、Splunk、CyberArk やImpervaなど30社以上のソリューションとの間で迅速な統合を行えます。

 

 

コメント

「弊社のThreat Response及びET Intelligenceソリューションは、サイバー攻撃に対する最も迅速で効果的な防御能力を組織に提供します。組織を狙う攻撃について適切な状況認識と知見を提供し、統合された知見と複数の対応アクションを統合して動作させることにより、迅速にデータ流出を遮断し、ラテラルムーブメント(横移動: マルウェア侵入後、他のシステムに感染を拡大すること)を止めることができます」

― 日本プルーフポイント株式会社 マネージングダイレクター フェゼック・ローン

 

Proofpoint(プルーフポイント)について

米国に本社を持つProofpoint Inc. (NASDAQ:PFPT) は、クラウドベースのソリューションを提供する最先端のセキュリティ企業です。業界をリードしている電子メール向けセキュリティをはじめとしたソリューションにより、組織はユーザーを先鋭化した攻撃から守り、ユーザーと情報を攻撃やコンプライアンス上のリスクから守り、迅速にインシデント対応できるようになります。より詳しい情報はwww.proofpoint.co.jpをご覧下さい。

Proofpointは米国及びその他の国々におけるProofpoint, Inc.の商標です。本ドキュメントに記載されている会社名、製品名、サービス名は、一般に各社の登録商標または商標です。本ドキュメントの記載内容、製品及びサービスの仕様は予告なく変更されることがあります。

本件に関するお問い合わせ先
(一般のお客様)
日本プルーフポイント株式会社
担当:マーケティング担当
TEL: 03-3510-7981(代表)
Email: mktg-japan@proofpoint.com

 

(報道関係の方)
日本プルーフポイント 広報事務局
株式会社アクティオ内
TEL: 03-5771-6426
Email: proofpointpr@actioinc.jp