購 入 相 談

製品に関するご相談は営業チームが対応します:

Generic Computer Code Background

一般的なデータ保護に関する規定

機密情報を特定します。高度な攻撃から保護します。万が一の場合には素早く対応します。Proofpointが個人を保護し、ビジネスを確実に危険から守ります。

GDPRについて

一般データ保護規則とは、欧州連合(EU)が定める個人情報に関するデータの取り扱い規定で、EU圏に在住する人々の個人情報の取り扱いに関するルールを強化する目的で定められました。2018年5月25日に施行されます。EU圏内に住むエンドユーザー、顧客や従業員がいる場合、ご自分の居住地がEU圏内でなくても、個人情報の検索、保護、そしてモニタリングを行う際に、GDPRソリューションが必要となります。

GDPRコンプライアンスから憶測の余地を排除する

EUの規定に該当する機密情報および個人データを特定します。そして今日の高度な脅威から安全に保護します。万一の場合には、攻撃に素早く対応し、内容を正確に開示します。

個人情報の識別と分類

見えないものを守ることはできません。弊社のGDPRソリューションなら、会社のネットワーク上、あるいはクラウドの両方において、重要な顧客データがどこに保存されていて、誰にアクセス権があるかを示すことができます。

社内のコンプライアンス問題をリアルタイムに発見して修復します。ダッシュボードでは、最も脆弱な箇所に関する迅速な情報を入手するために、ヒートマップやエクセスエクスポージャーチャートのように可視化を促すツールを通じて、今後起こる可能性のあるGDPR問題を把握することが可能になります。

個人情報の保護

Eメールによる攻撃はGDPRで保護されたデータの盗難、損傷または露出の原因となる場合もあります。弊社はそれらを阻止し、企業が常にコンプライアンスを遵守できるよう支援します。

弊社のソリューションをご利用になれば、危険な添付ファイルやURLが受信トレイに届く前に、探知してブロックすることができます。また電子メール詐欺や認証情報フィッシングなどのマルウェアを使わない攻撃も阻止します。万一の場合には、顧客データが攻撃中、あるいは従業員の誤送信によって露出してしまわないように保護します。

社内で管理されている会社のメールアカウント以外に、会社が所有するデバイスやネットワークを利用してアクセスすることのある個人ウェブメールも安全に保護します。また、クラウドやサービスとしてのソフトウェア(SaaS)アプリに保存されているデータも保護します。

対応と報告

脅威は変化し、攻撃者も進化し続けています。全てのインシデントを阻止できる防御策などありません。GDPRコンプライアンスが継続的な取り組みであるのはそのためです。

万一の場合に、脅威をいち早く軽減させ、GDPRが定める迅速で正確な開示のために、インシデントの規模を調べる支援をします。GDPRソリューションはあらゆる攻撃から学習する能力があるため、新しく起こりうる脅威に関して冷静に対処できるようになります。