Intelligent Supervision

Archiving and Compliance

概要


金融サービス業は、世界でも最も厳しく複雑な規制を順守しなければなりません。Proofpoint Intelligent Supervisionは、その規制順守を効率化します。これはEnterprise Archiveと統合されており、規制に対応するためのキャプチャ、レビュー、レポートを簡単に行うことができ、メール、インスタントメッセージ、コラボレーションツール、そしてソーシャルメディアを完全に可視化できます。

機能とメリット

FINRA、SEC、IIROC要件を迅速かつ効果的に満たし、メールを含むすべての通信を監視してレポートします。

スマートなレビュー

レビュアーの長時間労働を削減するためには、スマートな仕事ができる仕組みの導入が必要です。Intelligent Supervisionでは「ノイズ」の生成が少ないため、レビューチームが監視し、ふるいにかけなければいけないデータ量が減ります。これにより、コンプライアンス違反をより早く正確に発見することができます。たくさんあるメリットのうち、いくつかを以下にご紹介します。

  • 高度な違反検出。 承認済みのコンテンツは除外して、誤検知をレビューする無駄な時間を削減します。
  • メッセージタイプ別のインテリジェントなサンプリング。 バルクメールなど、リスクの低いコンテンツを除外します。
  • プレビュー。 メッセージ全文を読まなくても、レビューが必要かどうかを判断できます。
  • 高度なメッセージフィルター。 レビューのキューを絞り込み、優先順位付けします。
  • 対話のスレッド化。 関連するメッセージをグループ分けし、ワンステップでレビューします。

詳細はアナリストレポートをご覧ください

完全なビジビリティ

Supervisionプロセスでの監視の質が悪いと、規制への対応が遅くなります。Intelligent Supervisionは「ボトルネックの特定、コラボレーションの改善、生産性の向上」という3つの方法でコンプライアンスリスクを低減し、問題を解決します。内容が豊富で視覚的なレポーティングツールは、すべてのアーカイブコンテンツに対応しており、実践に即したインテリジェンスで組織を保護します。

  • リアルタイムダッシュボード。 レビュープロセスを監視して、どのレビューチームの作業が遅れているかを確認できます。
  • 生産性レポート。コンプライアンス管理者は、すべてのレビュアーが割り当てられたレビュータスクを時間通りに完了しているかどうかを監視できます。
  • リアルタイムアラート。 キューが定められた閾値を超えた場合、レビュアーとコンプライアンスチームにアラートが送られます。

常に監査に備える

Intelligent Supervisionを用いると、規制上の監査要求にも迅速に対応できます。分析、リアルタイムダッシュボード、コラボレーション機能が備わっており、データ量の増大に合わせて監督作業を簡素化及び最適化できます。

これらは、以下により実現されます。

  • すべてのレビューアクティビティが監査されています。
  • ポリシートラッキングで、ルール、監視対象従業員及びレビュアーのヒストリーを表示します。
  • Evidence of Supervision(監督の証拠)レポートで、ポリシーへのコンプライアンスを証明します。
  • Evidence of Supervision(監督の証拠)レポートで、ポリシーへのコンプライアンスを証明します。

Proofpoint Enterprise Archiveとの統合

アーカイブとSupervisionツールが別々に存在すると、管理のオーバーヘッドやコストが増大します。Proofpoint Intelligent SupervisionはProofpoint Enterprise Archiveと統合されており、データキャプチャ、レビュー、レポートが簡単になります。Enterprise Archiveを使えば、金融機関では様々なデータの統制や発見が可能になり、SEC 17a3-4のすべての要件に対応できるようになります。

まずは無料のトライアルをお試しください