Talk to sales

Ask a member of our sales team about our products or services:

Email Encryption

SaaS ベースの暗号化モジュール

SaaS ベースの暗号化モジュール

Proofpoint Encryptionは、暗号化を意識せずに使える簡便で安全な通信手段を提供します。Proofpointの強力なポリシーベースの暗号化機能は、通常の業務に影響を与えることなく、法規制違反や情報漏洩、社内ポリシー違反によるリスクを低減します。Proofpoint Encryptionは重要な情報を守る必要のあるあらゆる組織に適用でき、パートナーやエンドユーザーにもすぐに使ってもらうことができます。

概要

電子メールは今や、ビジネスにとって無くてはならないものになりました。一方で、企業は個々のメッセージのセキュリティについてますます心配しなければならなくなっています。電子メールは、重要な、もしくは機密の情報を送ることに普通に使われています。企業内外のビジネスの運用上の情報、営業秘密、法律文書、財務情報、個人の健康情報や個人情報などです。これらの情報を保護し、増え続ける法規制を遵守するためには、ポリシーベースの暗号化が必須です。Proofpoint Encryptionはこれらの要求に応える、業界でも最も強力で柔軟なポリシーベースの電子メール暗号化ソリューションです。

50-50-team-meeting-japan.jpg

ポリシーベースの電子メール暗号化

一般的に、電子メール暗号化ソリューションの正しい使い方をエンドユーザーに教え、徹底することは非常に難しく、導入の障害になっています。Proofpoint Encryptionは、ソリューションを使うのも、管理するのも非常に簡単です。Proofpointのメッセージ保護ソリューションは、企業のセキュリティポリシーに基づき、ゲートウェイレベルで自動的かつダイナミックに暗号化および復号化を行います。この結果、エンドユーザーは暗号化によるメッセージ保護を行うための特別な作業を何らすることなく、セキュリティポリシーは適切かつ正確に適用されるのです。

容易な管理

他の暗号化手法と異なり、Proofpointの電子メール暗号化ソリューションは、管理者の負荷やインフラにかかるコストを増やすことなく、重要な情報を効果的に保護できます。

  • 簡便なポリシー管理: 法規制や社内的なセキュリティへの要望など、全ての暗号化ポリシーは中央で集中管理され、ゲートウェイレベルで適用されます。Proofpoint Regulatory Compliance、Proofpoint Content Compliance または Proofpoint Digital Asset Securityなどによってメッセージを監視し、暗号化ポリシーを適用します。Proofpointのメッセージングセキュリティコンソールは、それらの暗号化ポリシーを設定するためのグラフィカルなインターフェースを提供します。
  • 簡素化された鍵と証明書の管理: Proofpoint Encryptionは従来の暗号化システムにつきものだった管理上のオーバーヘッドを解消します。Proofpoint Encryptionを使えば、オンプレミスでの導入でもProofpoint on Demandのデータセンターの利用でも、個々のインスタンスごとに鍵が作成されます。
  • データの保存とアーカイブは最小限: Proofpoint Encryptionは、従来のメッセージ暗号方式で必要とされていた保存とバックアップを簡素化します。Proofpoint Hosted Key ServiceはProofpoint on DemandのSaaSインフラを使って全ての鍵を管理します。

容易な操作

Proofpoint Encryptionはエンドユーザーに対して透過的に動作し、個々のクライアントにソフトウェアをダウンロードしたり、インストールしたり管理したりする必要はありません。Proofpointの暗号化ソリューションは、エンドユーザーが複雑な電子証明書や暗号鍵を使ったり管理しなくても、ポリシーに従って重要なデータを含むコンテンツを自動的に暗号化します。

低いTCO

Proofpoint EncryptionはProofpoint Regulatory Compliance や Proofpoint Digital Asset Securityなどの、他のProofpointのDLP機能とシームレスに統合されています。簡単な導入と最小の管理はセキュアなメッセージングソリューションを維持していくためのコストを劇的に引き下げます。また、Proofpointの比類無い簡便さはサポートやトレーニング、ヘルプデスクのコストを最小化します。

暗号化ポリシーの詳細な設定

Proofpointのアンチスパム、アンチウイルスおよびコンテンツセキュリティ機能と同様、セキュアメッセージングセキュリティコンソールを使うことにより、全社的なセキュリティポリシーを、一カ所から管理することができます。いったんポリシーを定義してしまえば、暗号化ポリシーはゲートウェイの段階で適用されますから、エンドユーザーの操作ミスを心配せずにすみます。

Proofpoint Encryption と Proofpoint Hosted Key Serviceを併用することにより、非常に詳細な、メッセージごとの制御が可能になります。たとえば、特定の宛先へのメッセージだけを、他のメッセージには何ら影響を与えることなく、無効化したりすることができます。メッセージの暗号化ポリシーも、同様に非常に詳細に設定できます。

暗号化は、以下のどの組み合わせでも適用できます。

  • 非公開情報(NPI)の検出: Proofpoint Regulatory Complianceは、メッセージや添付ファイル中のクレジットカード番号や日本の運転免許証番号などの様々なタイプの非公開情報を「スマート識別子」として検知します。
  • コンテンツマッチ: Proofpoint Digital Asset Securityモジュールは、MLX技術を使ってファイル間の類似性を解析し、非構造的な機密情報を検知します。
  • Proofpoint Email Firewallと同様に、定義済み辞書を使って、キーワードおよび正規表現による検索が可能です。
  • メッセージの送信元や宛先: 特定の宛先や送信者からのメッセージを暗号化します。添付ファイルの形式など、他の属性による暗号化も可能です。

暗号化されたメッセージへのインバウンドポリシーの適用

暗号化されたスパムやマルウェア、違法なメッセージを配信前に検出するために、ゲートウェイの段階で復号化してポリシーを適用することができます。