State of the Phish 01

脅威レポート

State of the Phish 2021 (フィッシング脅威の全容)

State of the Phish 2021

フィッシング攻撃に関するユーザーの意識、
脆弱性およびレジリエンス ( 回復力) の調査結果

世界的なパンデミックが2年目に入った今、ITおよび情報セキュリティチームはあらゆる面で課題に直面し続けています。通常のサイバーセキュリティの問題に加えて、パンデミックをテーマにしたフィッシング詐欺の爆発的な増加やランサムウェア攻撃の継続的な急増に対処しなければならず、その一方で、ランサムウェア攻撃の拡大も続く中、短期間に多くのユーザーを在宅勤務へ移行させる必要がありました。

今回で第 7 回となる年次レポートState of the Phishでは以下のような最新のフィッシング脅威に関する重要で実践的な知見を提供しています。

  • ソーシャルエンジニアリングによる攻撃の影響
  • 組織、業界、部門レベルの障害、報告、レジリエンスのデータ
  • 新たな脅威や組織固有のデータが、どのようにしてサイバー防御にされるべきか
  • ユーザーの意識のギャップと、組織を危険にさらす可能性のあるサイバーセキュリティ上の行動とは?
  • セキュリティ意識向上トレーニングの傾向と、プログラムをより効果的にするためのアドバイス

詳細はレポートをダウンロードしてご覧ください。