脅威レポート:2022 State of the Phish (フィッシング攻撃の現状)

脅威レポート

State of the Phish 2022 | フィッシング攻撃の現状

State of the Phish 2022

フィッシング攻撃の現状
(フィッシングに対するユーザーの意識、脆弱性、レジリエンスの詳細調査)


フィッシングメールはみなが受け取りますが、誰もが騙されるわけではありません。第8回「State of the Phish」レポートで、今日の最大のサイバー脅威に対してユーザーがどの程度脆弱であるかを解説しています。今年のレポートでは、昨今の脅威について深く掘り下げ、ユーザーがどの程度脅威に対処できているのかを調査しています。ナレッジアセスメント、自己申告によるサイバーセキュリティの習慣、標的型訓練メールに対する実際の反応に基づいた、豊富なデータ、洞察、アドバイスを得ることができます。

State of the Phishでは以下のような最新のフィッシング脅威に関する重要で実践的な知見を提供しています。

  • ソーシャルエンジニアリングによる攻撃の影響
  • 組織、業界、部門レベルの障害、レポート、レジリエンスデータ
  • 新たな脅威と組織固有のデータは、どのようにサイバーディフェンスに反映させることができるか(そして、反映させるべきか)
  • ユーザーの意識のギャップと、組織を危険にさらす可能性のあるサイバーセキュリティ上の行動
  • 脅威のトレンドとサイバーディフェンスをより効果的にするためのアドバイス

詳細はレポートをダウンロードしてご覧ください。