エンドユーザーの保護

人を中心としたアプローチで脆弱性、攻撃、そして特権を管理

サイバーセキュリティに対する支出は、これまで以上に増大しています。しかし、世界中で、攻撃はそれでも発生し、機密データ、資産、ブランドの評判を危うくしています。

中核の問題は従来のサイバーセキュリティソリューションは標的型の攻撃に際し、人ではなく、主にネットワークを保護するよう構築されている点です。

本ガイドでは、以下について説明します。

  • ProofpointのVAP(脆弱性、アクセス、特権)モデルに基づきユーザーのリスクを査定する方法
  • 脆弱性を削減し、脅威を阻止し、特権を管理することでリスクを緩和する方法
  • 人を中心としたサイバーセキュリティソリューションを組織に実装する方法

サイバー攻撃はテクノロジーではなく、人を標的にします。組織を今日の脅威から保護するためには、セキュリティチームはどのユーザーが攻撃に対して脆弱か、誰が一番狙われているか、どのデータとシステムにユーザーが特権的アクセスをもっているかを特定する必要があります。このガイドでは、当社の大切な読者の方に、これらを実行するための青写真を提供します。企業はどういった方法でユーザーのリスクを評価、削減し、人を中心としたサイバーセキュリティ戦略の実装の成功に向け、そうした情報をどう利用できるかについて説明します。