cyber security

モバイル、ソーシャル および Eメールに潜む 脅威に対する 統合された防御の価値

犯罪者、ハッカー、敵対政府は、企業とその社員および個人を、あらゆるタイプのサイバーベクトルで標的としています。 どのタイプの攻撃面でも動機は一つです:データとアイデンティティを盗み、利益を得、スパイ行為を働いてコミュニケー ションやシステムを破壊することです。攻撃者が社員を狙うことで企業を攻撃する例が増えています。あらゆるベクトルの 組み合わせが使用され、攻撃が巧妙化しています。攻撃に関連があること、企業への攻撃方法が異なっても不正アクセス の兆候が同じであることが多いのは、証拠によりわかっています。 このホワイトペーパーでは以下の質問にお答えします:

• セキュリティの視点から見て、モバイル、ソーシャルおよび電子メールの脅威ベクトルが互いにどう関係しているか、 またその理由
• Proofpoint がどのように舞台裏で収集する情報を活用し、最前線の顧客を保護しているか
• Proofpoint のスタンドアローンの各ソリューション(モバイル、ソーシャル、電子メール)が、どのように名前のごとく 脅威ベクトルに対抗するか
• モバイル、ソーシャル、電子メールの脅威に対し統合された保護を実装する Proofpoint の全体像としての戦略とは
• 統合ソリューションは、なぜスタンドアローンのポイントソリューションに勝るのか