PAM(特権アクセス管理)とは?仕組みと特権アカウント

PAM(特権アクセス管理)は、組織の特権アカウントを保護し管理することに焦点を当てたサイバーセキュリティの重要な側面です。特権アカウントは、組織の重要なITシステムやアプリケーションへの高度なアクセス権と権限を持っています。これらはユーザーがそのシステムに対して管理作業を行うことを可能にします。

PAMは、重要なシステム、データ、リソースへの高度な権限を持つ特権アカウントの認証、監視、および管理に焦点を当てたセキュリティソリューションです。PAMを使用することで、組織は承認された個人のみが特権アカウントにアクセスできるようにし、関連するコントロールとポリシーを確実に適用することを支援できます。

組織内で特権アクセスを展開し管理するには、細心の計画、ベストプラクティスへの遵守、そして常に警戒することが求められます。このコンセプトは単純に思えるかもしれませんが、特権アクセス管理の挙動は、それがどのように機能するか、なぜ重要なのか、そして組織がPAMセキュリティを効果的にどのように使用できるかについて、より深い理解を必要とします。

サイバーセキュリティ教育とトレーニングを始めましょう

無料トライアルのお申し込み手順

  • 弊社のサイバーセキュリティ エキスパートが貴社に伺い、セキュリティ環境を評価して、脅威リスクを診断します。
  • 24 時間以内に最小限の構成で、30 日間ご利用いただけるプルーフポイントのソリューションを導入します。
  • プルーフポイントのテクノロジーを実際にご体験いただきます。
  • 組織が持つセキュリティの脆弱性に関するレポートをご提供します。このレポートは、サイバーセキュリティ攻撃の対応に直ちにご活用いただくことができます。

フォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。追って、担当者よりご連絡させていただきます。

Proofpointの担当者がまもなくご連絡いたします。

PAMの仕組み

PAMシステムは、企業のIT環境全体にわたるすべての人間および非人間(サービスアカウント)の特権IDと活動を制御、監視、保護、監査するためのサイバーセキュリティ戦略のプラットフォームを提供します。これにより、組織は人々、プロセス、技術の組み合わせを通じて、クレデンシャル盗難や特権アカウントの悪用によって引き起こされる脅威から保護することができます。

PAMは、どのアカウントが特権アクセスを持っているかを特定し、その後これらのアカウントに対してより厳格なポリシーを適用します。PAMソリューションは、特権IDとセッションに関して詳細な可視性、制御、および監査を提供します。例えば、PAMソフトウェアは特権アカウントの資格情報を安全なリポジトリに集め、それらの使用を分離、制御、管理、および記録します。これにより、組織は特権ユーザーの活動をはるかに厳密に制御し監視することができます。

特権アカウントは、管理されたシステムへのアクセスを制御するために、機密情報(パスワード、キー、証明書)に依存しています。この情報を安全な金庫で作成、保管、管理することにより、PAMソリューションは組織が重大なサイバー攻撃のリスクを減らすのに役立ちます。

PAMが、より広範なIAM(IDアクセス管理)ソリューションの一部であり、それ自体がより大きなセキュリティプログラムの一部であることに注意することが重要です。IAMソリューションは、特権アクセスを持つアカウントだけでなく、すべてのアカウントのパスワード管理、多要素認証(MFA)、ディレクトリサービス、ユーザーライフサイクル管理、シングルサインオン(SSO)などのサイバーセキュリティ問題をカバーしています。

特権アカウントとは?

PAMの中核には、「特権アカウント」という概念があり、これは現代の情報システムにおいてセキュリティを制御し維持するために不可欠です。特権アカウントは、標準的なユーザーアカウントよりも高い制御と権限レベルが付与されています。これらは、ユーザーアカウント、データベース、ネットワークデバイス、サーバー、アプリケーションなど、重要なリソースにアクセスし、変更または管理する権限を持っています。

これらのアカウントは高度なアクセス権限を持っているため、サイバー攻撃者や悪意のある内部者にとって非常に価値の高いターゲットとなります。これらを侵害すると、さらなる不正アクセス、データ侵害、その他の重大なセキュリティリスクにつながる可能性があります。特権アカウントの最も基本的な形態は、ユーザーアカウントとマシンアカウントの2種類です。

  • ユーザーアカウント:ユーザーアカウントは、特定の組織的役割を持つ個人に割り当てられるアカウントを指します。これらの役割には、さまざまなタイプの管理者(IT関連およびそれ以外)、および管理アクセスを必要とするその他の従業員が含まれることが多いです。
  • マシンアカウント:マシンアカウントは、自動化されたプロセスや統合システム間の通信に使用されるシステムやサービスに関連付けられています。これらのアカウントには通常、人間のユーザーはいません。代わりに、アプリケーション、サービス、またはネットワークデバイスが他のシステムとの相互作用を行い、割り当てられたタスクを実行するためにこれらを使用します。これには、データのプッシュとプル、共有フォルダへのアクセス、他のシステムとの認証、またはスケジュールされたタスクの実行などが含まれます。

特権アカウントは、組織のIT管理およびセキュリティインフラの基盤を形成しています。しかし、これらのアカウントは固有のリスクを持ち、サイバー脅威の主要な標的となるため、PAMシステムが採用されています。PAMシステムは、厳格なコントロールを強化し、活動を監視し、特権アカウントへのアクセスを必要とするユーザーやマシンを認証するために使用されます。

特権アカウントの種類

しばしば管理アカウントと呼ばれる特権アカウントは、多くの形態があり、さまざまなレベルの管理権限を提供します。最も一般的な特権アカウントの種類は以下の通りです。

  • ドメイン管理者:これらのアカウントは、組織内の複数のシステムやリソースにわたる広範囲な制御権を持ち、ドメイン全体またはネットワーク全体の管理特権を持っています。
  • ローカル管理者:これらのアカウントは特定のデバイス、エンドポイント、またはシステム上での管理特権を持ちます。これにより、ユーザーはローカルマシンを管理および設定できますが、ドメイン全体へのアクセスは必要ありません。
  • 非人間システムの自動化:これらのアカウントは、自動化されたプロセスを実行するために特権アクセスが必要なマシン、アプリケーション、またはサービスに関連付けられています。これらは通常、直接的な人間の介入なしに特定のタスクを実行するために使用されます。
  • サービス:これらの特権アカウントは、アプリケーションやサービスがオペレーティングシステムや他のアプリケーションと対話するために使用されます。アプリケーションの要件に応じて、様々なシステムとのシームレスな統合のためにドメイン管理特権を持つ場合があります。
  • root:これらのアカウントはUnixおよびLinuxシステムで最高レベルの特権を持ち、システム全体を完全に制御できます。システム管理や設定タスクに不可欠ですが、広範な権限のため注意深い管理が必要です。
  • ネットワーク機器:これらのアカウントはルーターやスイッチなどのネットワーク機器にアクセスし、管理するために使用されます。これにより、ネットワーク管理者はネットワークデバイスを設定、監視、トラブルシューティングできます。
  • ファイアウォール:これらのアカウントはファイアウォールを管理および設定するために使用されます。これはネットワークセキュリティにおいて重要なコンポーネントです。ファイアウォールアカウントは、ネットワーク内外へのトラフィックの流れを制御し、特定のセキュリティポリシーを適用することを許可します。
  • データベース管理者(DBA):これらの特権アカウントは、データベースの管理と維持を担当するデータベース管理者に割り当てられます。DBAアカウントは重要なデータおよびデータベースの設定にアクセスすることを可能にします。
  • クラウドサービスプロバイダー(CSP):これらのアカウントにより、組織はクラウドリソースと設定を管理できます。クラウドベースのインフラストラクチャに対して広範な制御を持ちます。
  • アプリケーション管理者:これらのアカウントは、特定のソフトウェアアプリケーションの管理と設定に焦点を当てています。これにより、アプリケーションレベルの設定、アクセス制御、およびしばしばユーザーアカウントの作成と役割の割り当てが容易になります。

特権アカウントの多様性と重要性は、組織のIT環境を維持する上でのその重要な役割を強調しています。組織は、これらの貴重なアカウントが悪用されることから保護するために、堅牢なセキュリティ対策、監視メカニズム、および認証プロトコルを包含するPAM戦略を優先する必要があります。

PAMのベストプラクティス

PAMは、組織の重要な情報とリソースを保護する上で不可欠です。しかし、効果的なPAM戦略を確保し、特権アカウントをサイバー脅威から保護するためには、ベストプラクティスの採用が重要です。ここでは、特権アクセス戦略の主要なベストプラクティスをご紹介します。

  • 最小権限の原則(PoLP)の実装:PoLPアプローチに従い、ユーザーには特定のタスクを遂行するために必要最小限の権限のみを付与します。特権アカウントへの過剰なアクセスを提供することを避け、潜在的な攻撃対象面を減らします。
  • リスクに基づいた特権アカウントの評価:組織は特権アカウントをリスクに基づいて評価し、現在実際の人間のユーザーがいない孤立したアカウントを排除するべきです。
  • 正式な特権アカウントパスワードポリシーの作成:組織は正式な特権アカウントパスワードポリシーを作成し、特定のユーザーにマッピングされていないデフォルトのユーザー名とパスワードの使用を排除するために実施すべきです。
  • ジャストインタイムアクセスの実装:ユーザーに短期間で定義された期間のアカウントへのアクセスを許可し、その後アクセスを取り消す方法です。
  • ユーザーのアクセス権の設定とレビュー:組織はユーザーのアクセス権を設定し、アクセス制御ポリシーを厳格に実施すべきです。
  • 効果的なアカウントライフサイクルプロセスの確立:この実践は、すべての特権アクセスアカウント、その変更、およびそれらがアクセスできるものが適切に管理され、追跡されていることを保証します。
  • 設定された特権の定期的な監査:定期的に特権アカウントと関連するPAMコントロールの監査とセキュリティ評価を実施します。監査は脆弱性を特定し、業界および組織の標準および規制との遵守を確保するのに役立ちます。

特権アクセスリスクを完全に軽減するための万能な唯一の技術的ソリューションは存在しないことを理解することが重要です。組織は、多数の攻撃手法に対抗するために、複数の技術と戦略的なPAM関連の実践を組み合わせた包括的なソリューションを構築する必要があります。

PAMの重要性

PAMは、いくつかの理由から多くの組織にとって重要なサイバーセキュリティの柱です。その理由は以下の通りです。

  • 特権アカウントへのアクセス制御:PAMは、組織が特権アカウントへのアクセスを制御するのに役立ちます。これらのアカウントは機密データやシステムにアクセスする権限を持っています。これにより、不正アクセスやデータ漏洩の数と重大性を最小限に抑えることができます。
  • 特権アカウント攻撃の防止:特権アカウントはサイバー犯罪者の主要なターゲットです。PAMソリューションは、強力な認証および認可ポリシーを施行し、特権アカウント活動を監視し、不審な行動を検出して対応することによって、サイバー攻撃を防ぐのに役立ちます。
  • コンプライアンスの向上:多くの業界では、規制に従うために最小限の特権アクセスポリシーが必要です。PAMソリューションは、最小アクセス制御ポリシーを施行し、特権アカウント活動を追跡し、監査レポートを生成することによって、組織がコンプライアンスを達成するのを助けます。
  • 生産性の向上:PAMソリューションは、パスワードの作成やパスワードの保管などのタスクを自動化することができ、時間を節約し生産性を向上させます。
  • ツールとプロセスの統合:PAMソリューションは、組織が環境全体でプロセスとツールを統合するのを助けます。これによりサイバーセキュリティのサイロを減らし、全体的なセキュリティ姿勢を向上させます。
  • 効果的なライフサイクルプロセスの確立:PAMソリューションは、すべての特権アクセスアカウントの変更を知ることができ、適切に追跡されることを保証するための効果的なライフサイクルプロセスを確立します。

全体として、PAMシステムは、組織の重要なデータやリソースを不正アクセスやデータ漏洩から保護するのに役立ちます。

PAMとPIMの違い

特権アクセス管理(PAM)と特権ID管理(PIM)は、組織のセキュリティ戦略の不可欠な構成要素ですが、その焦点と機能性は異なります。

PAMは、組織が機密データやリソースへのアクセスを保護し、制限し、追跡するためのツールキットです。PAMソリューションはクレデンシャル情報を管理し、ユーザーIDを認証し、通常は特定のリソースにアクセスできないIDに対してジャストインタイムアクセスを提供します。PAMソリューションはまた、セッション監視とアクセスログを提供し、組織が使用パターンを理解し、コンプライアンス基準を満たすのに役立ちます。

PIMは、ユーザーにすでに付与されているアクセスに対処し、特権IDの管理とセキュリティに焦点を当てています。PIMソリューションは特権アカウントを管理・保護し、多要素認証を施行し、特権アカウントへの認証を制御し、パスワードの変更をスケジュールしトリガーします。PIMソリューションはまた、イベントとセッションのログをキャプチャし、特権アカウントへのアクセスを記録します。

要約すると、PAMは機密データやリソースへのアクセスを管理し制御することに焦点を当てています。そしてPIMは特権IDの管理と保護に焦点を当てています。PAMとPIMは、組織のセキュリティ戦略の重要な構成要素です。両方のソリューションを組み合わせると、特権アクセスリスクに対するより包括的な保護が得られます。

PAMソリューションの実装手順

特権アクセス管理ソリューションの実装に関わる手順の概要は以下の通りです。

  1. PAM環境を理解する:PAMソリューションを実装する前に、組織の特権アカウントとシステム、および各アカウントのアクセス要件を理解します。
  2. アクセス制御ポリシーを定義する:最小権限の原則を採用し、機密データとリソースへのアクセスを制限するためのアクセス制御ポリシーを概説します。
  3. ユーザーアクセス権を設定する:ユーザーアクセス権を設定し、アクセス制御ポリシーを施行して、ユーザーが彼らの職務機能を遂行するために必要最小限のアクセスに制限されることを保証します。
  4. ジャストインタイムアクセスを実装する:特定のタスクやプロジェクトを完了するために、ユーザーの権限を一時的に昇格させる必要がある場合があります。この場合、ユーザーに制限された期間のアクセスを付与し、その後アクセスを取り消して、ユーザーがアクセスを持たないことを保証します。
  5. 効果的なライフサイクルプロセスを確立する:すべての特権アクセスアカウントの変更を知ることができ、適切に追跡されることを保証するために効果的なライフサイクルプロセスを確立します。
  6. PAMシステムを監査する:PAMシステムが正しく機能しており、アクセス制御ポリシーを施行していることを保証するために定期的に監査します。
  7. コミュニケーションと品質管理:コミュニケーションはPAMソリューションの成功の鍵です。組織はPAMの重要性と利点について利害関係者とコミュニケーションをとるべきです。
  8. コンプライアンスの評価:組織は会社のセキュリティポリシーへのコンプライアンスを監査し、PAMソリューションが規制要件を満たしていることを保証すべきです。

PAMソリューションを実装することは一度きりのイベントではなく、継続的な監視とメンテナンスが必要な継続的なプロセスであることを念頭に置いてください。

ProofpointのPAMソリューション

Proofpointは、特権アクセス管理におけるナンバーワンリーダーであるCyberArkと提携しています。Proofpointは攻撃者がユーザーにアクセスするのを防ぎ、最もリスクが高い可能性のあるユーザーを特定するのに役立ちます。CyberArkはこの洞察を活用し、高リスクの特権ユーザーに適応的なコントロールとポリシーを適用します。これにより、彼らが必要なものにのみアクセスし、それ以上のことは行わないことを保証します。

以下は、私たちのソリューションがどのように連携して、脅威に対してより迅速かつ効率的に対応するのに役立つかを説明しています。

  • 統合:ProofpointはCyberArk Privileged Access Securityと統合し、特権アクセスを持つユーザーのセキュリティを強化します。この統合により、最も深刻な現代の脅威に対してより迅速かつ効率的に対応できます。
  • マルチレイヤーの防御:このパートナーシップは、私たちの各々のセキュリティ能力を組み合わせて、特権ユーザーや高リスク資産を狙った脅威に対する層状の防御を提供します。この多層的なアプローチは、攻撃を防ぎ、脅威がユーザーに達する前に止めます。
  • 人中心の保護:私たちの協力は、人中心のアプローチをセキュリティに採用しています。特権アクセス管理における人要素を重視することで、特権アクセスを持つユーザーを保護し、彼らのアカウントに関連するリスクを軽減することを目指します。
  • 脅威の封じ込めと対策:ProofpointとCyberArkは協力して、特権ユーザーや高リスク資産を狙った攻撃を迅速に封じ込め、対処します。これにより、セキュリティインシデントへの効率的な対応と緩和が可能になります。
  • パートナーシップ:私たちの継続的な協力は、PAMセキュリティを継続的に改善し、新たに出現する脅威に対応することへの私たちのコミットメントを示しています。

詳細については、 こちらからお問い合わせください