Analyst Report

2020 Gartner Market Guide for Email Security

メールは、標的型攻撃でもばらまき型攻撃の両方において最もよく利用される攻撃経路であり、データ損失の主な原因となっています。一方で、組織はクラウドに移行しリモートワークモデルにシフトしつつあります。そのため、新しいタイプの高度なメール脅威や攻撃経路に備えなければなりません。

サイバーセキュリティのどの分野にどのような投資をするのが一番効果的なのかは、難しい問題ですが、Gartnerの「Market Guide for Email Security」は、対策を考えるための良い材料となります。

ぜひ本資料をダウンロードして、以下に関する Gartner の見解を参考にしてみてください。

  • 現在、サイバー脅威がどのように変化しているか
  • メールセキュリティ製品の差別化機能
  • 包括的なメールセキュリティソリューションで確認すべきこと
  • ビジネスメール詐欺 (BEC) などの新しい脅威に備えるためにおこなうアクション

フォームに必要事項を記入しダウンロードしてください。

Gartner は、調査報告で特定のベンダー、製品やサービスについて特別に言及することはありません。また、最も評価の高いベンダーを選択するように推奨することもありません。Gartner の調査報告は Gartner の調査部門の見解をまとめたものであり、必ずしも客観的な事実を反映しているとは限りません。Gartner は、本調査の内容に対して、明示または黙示を問わず、特定の状況あるいは環境に対する正確性および適合性を一切保証いたしません。Gartner, Market Guide for Email Security, 9 September 2020, Mark Harris, Peter Firstbrook, Ravisha Chugh