Proofpoint Gartner Report

アナリスト レポート

Gartner: 急増するリモート ワークへの解決策

Gartner 最新レポート:最新のリモート アクセスに関する課題へのソリューション (Solving the Challenges of Modern Remote Access)

「職場」という定義は数か月前とは大きく変化しました。人気がなくなっていた VPN のような技術が、いまやリモート ワークの生産性の維持に欠かせなくなっています。Gartner のこの新しいレポートは、分散する従業員にどのように迅速にリモート アクセスを提供すべきかといったガイダンスを提供します。

本レポートでは、インフラおよびセキュリティ担当者向けに以下を推奨しています。

  • 製品の選択や導入の前に、ユーザーのリモートアクセス要件 (オンプレミスかクラウド アプリケーションかなど) を決定します。
  • その製品が COVID-19 のような不測の事態に対応できるかテストします。
  • 個人所有の PC の持ち込み (BYODのPC) など、これまで組織で使用されていなかったデバイスの使用許可をすることで、どのようなリスクが発生し得るかを評価します。
  • リモート ワーク ポリシーを策定して、主要な関係者全員の合意を取ります。合意を取る時間がない場合は、現地の法律上問題がないかを法律顧問に確認します。

従業員のニーズに合ったリモート アクセスを提供する、多面的な戦略が必要になっています。Gartner の「Solving the Challenges of Modern Remote Access (最新のリモート アクセスに関する課題へのソリューション)」(英語) で、ぜひ詳細をご確認ください。