脅威レポート

フォレスター:内部脅威軽減のためのベストプラクティス2021

内部脅威は、現代の組織にとってすでに見過ごすわけにはいかないほどの脅威となっています。リモートワークの増加や、ハイブリッド型の働き方の普及にともない、セキュリティ管理者は内部脅威を抑制するために、人々がデータを利用する振る舞いを可視化する必要があります。

フォレスターの2021ベスト プラクティスでは、内部脅威管理プログラム構築のガイダンスが記載されています。

フォレスター社が推奨する内部脅威管理プログラムの構築方法は以下の通りです。

  • セキュリティ担当者を教育し、内部脅威の動機と行動を理解する
  • 主要な内部脅威リスクの種類を認識し、軽減する
  • 内部脅威監視技術の導入によりデータを防護する

本レポートには、プルーフポイントについても記載されています。

*日本語補助資料あり*
レポートはオリジナルの英語版になります。日本語の解説資料もご用意しています。必要な方は、「お問い合わせ」ページより資料請求してください。