Proofpoint ICP

Information Protection


AIによる自動データ分類と保護

- AI を活用したラベル付けでクロスチャネルにおける DLP を強化 -

Proofpoint ICP (Intelligent Classification and Protection) は、ビジネスに不可欠なデータの識別と分類に AI を活用したアプローチです。DLPにおいて最大の課題であったデータ分類を、AIを活用した自動のラベル付けによって実践的にサポートし、エンタープライズ DLP プログラムの促進を可能にします。

次世代の可視性

Proofpoint Intelligent Classification and Protection ソリューションは、他では得られない可視性を実現し、ビジネスに不可欠なデータの理解を可能にします。また、その対象は、オンプレミスとクラウド両方のファイルリポジトリに及びます。多次元的かつ大規模に可視化することで、現在のハイブリッド社会でデータ保護を強化するために必要な情報をタイムリーに入手できるようになります。

データシートをダウンロード
  • 260 を超える事前学習済み分類子で誤検知を削減
  • 従来のアプローチとは異なる大規模な可視化
  • 自動提案機能を使用してリスク低減のための行動を優先順位付け
  • オンプレミス、クラウド、ハイブリッドにある複数のリポジトリのさまざまなファイルを単一ビューで表示
  • データを二次元的に理解することで DLP の効率を強化

統合と自動化で対処する

スタンドアロンの AI ソリューションと違い、Proofpoint Intelligent Classification and Protection は既存の People-Centric 戦略を強化します。また、不注意なユーザー、不正アクセスを受けたユーザー、または悪意のあるユーザーによりデータがリスクにさらされるのを防ぎます。

  • Proofpoint Information Protection チャネルとの統合を利用してクロスチャネル保護を速やかに有効化
  • AIによる自動ラベル付けにより確実かつ信頼性の高いデータ保護を保証
  • カスタム分類子を使用して各組織独自のデータ用にソリューションをカスタマイズ
データシートをダウンロード

信頼の AI エンジン

プルーフポイントが提供する透明性により、継続的に成果の精度を向上させる中で、AI エンジンがどのように判断を下しているのか容易に理解できます。AI エンジンのカバーを開け、各パーツに目を向けて、全体に機能する様子を見てみましょう。どのように結果が生成されるのか、どのようなデータが使用されるのか、どのような計算が行われるのかをご覧ください。

データシートをダウンロード
  • どのように分類の判断が行われるかについて監査可能性を確保
  • データ品質とアルゴリズムの完全性における信頼性について明確な説明を提供
  • 「人」によるフィードバックと分類レビュー ワークフローにより改善と継続的な学習を実現