アナリスト レポート

Gartnerレポート:ランサムウェア攻撃への対策

ランサムウェア攻撃を阻止しようとするとき、エンドポイントだけではなく、さらにその先を考えて対策が講じられているでしょうか?テレワークをおこなうユーザーが増えるにつれ、RDP ポート、VPN の脆弱性、セキュリティ上の誤った設定などから、攻撃が入り込む新たな侵入ポイントも増えています。攻撃自体も、スパムやばらまき型の攻撃から、巧妙な標的型のキャンペーンへと進化し、残念なことに、ますます検知しづらくなっています。

Gartner のレポートでは、ランサムウェアから組織を防御するためのライフサイクルの重要な段階、そしてランサムウェア攻撃の前、攻撃を受けている最中、攻撃を受けた後になすべきことを説明しています。

プルーフポイントでは、Gartner® レポートをダウンロードして、次のような対策を講じる方法をご確認いただくことをお勧めしています。

  • ランサムウェア攻撃を阻止する戦略の策定
  • ランサムウェア攻撃を特定する検知手段の導入
  • ランサムウェアに感染した後の復旧のための事後計画およびプロセスの策定
  • 身代金の支払いにかかる判断を下す

ランサムウェア攻撃に備える方法の詳細は、レポートをダウンロードしてご覧ください。

 

本レポートには、プルーフポイントについても記載されています。
レポートはオリジナルの英語版になります。日本語の解説資料もご用意しています。必要な方は、「お問い合わせ」ページより資料請求してください。


 

Gartner How to Prepare for Ransomware Attacks (ランサムウェア攻撃に備える方法) Mark Harris, Brad LaPorte, Paul Furtado 2020年11月16日

Gartner は、米国および全世界におけるGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標であり、Gartner, Inc.の許可を得て使用されています。All rights reserved.