アナリスト レポート

Gartner コンピューター ベースによるセキュリティ意識向上トレーニング市場 マーケット ガイド

Gartner のコンピューター ベースによるセキュリティ意識向上トレーニング マーケット ガイドによると、「組織のデータ侵害の主な原因はヒューマンエラーとソーシャルエンジニアリング」です。

これまでのように、毎年コンプライアンス トレーニングを実施するだけでは十分ではありません。セキュリティ意識向上に対するユーザーの関心は高くなく、トレーニングの時間も限られています。後を絶たないフィッシング、ランサムウェア、メール詐欺攻撃から組織を守るには、「人」それぞれに適したセキュリティを施すアダプティブ コントロール型のセキュリティ意識向上トレーニングを継続していく必要があります。

ぜひ本資料をダウンロードして、以下に関する Gartner の見解を参考にしてみてください。

  • セキュリティ意識向上のマーケットと課題
  • データ侵害の主な要因は人的な要素
  • セキュリティ意識は単なるフィッシング対策のトレーニングだけでは向上しない
  • スコアリングと測定の重要性が増している
  • マネージドサービスの必要性
  • ユーザーは、自身の行動と新たなリスクについて、より短く、関連性の高いコンテンツを必要としている

フォームに必要事項を記入すると、資料をダウンロードできます。

 


Gartner のコンピューター ベースによるセキュリティ意識向上トレーニング マーケット ガイド - Richard Addiscott、Claude Mandy、William Candrick (2021 年 7 月 26 日)

Gartner は、調査報告で特定のベンダー、製品やサービスについて特別に言及することはありません。また、最も評価の高いベンダーを選択するように推奨することもありません。Gartner の調査報告は Gartner の調査部門の見解をまとめたものであり、必ずしも客観的な事実を反映しているとは限りません。Gartner は、本調査の内容に対して、明示または黙示を問わず、特定の状況あるいは環境に対する正確性および適合性を一切保証いたしません。

GARTNER は Gartner, Inc. とその全世界の関係会社の登録商標およびサービスマークであり、許可を得て本レポートで使用されています。All rights reserved.