White Paper

VPNはもう古い:ゼロトラスト ネットワーク アクセスの優位性

1996 年にバーチャル プライベート ネットワーク (VPN) が発明され て以来、情報技術も、人々がそれを使う方法も、あらゆる面で変化して きました。当時、エンタープライズ アプリケーションは、オンプレミスの データセンターでホストされていましたが、これは、オフィスからロー カル エリア ネットワークやプライベート ワイド エリア ネットワークを 通じてアクセスすることを想定したものでした。当時は、境界線を強化 することがサイバーセキュリティ対策の中心で、当時の状況では、境界 線に着目したセキュリティ対策も、時折、外の環境からVPNでアクセス することも、納得できるものでした。クラウド インフラも、仮想化も、マ イクロサービス アーキテクチャも存在しない時代。当時は、ほんの一握 りのトップレベルの幹部のみが、リモート アクセスを必要としていた程度でした。

VPN が設計されたころの保護手段であるネットワークの境界は、もはや存在意義が薄れているのです。サイバー攻撃がインフラから人にその狙いをシフトさせている今日、リモート アクセスについても、より人に着目したアプローチをとる時期にきています。

詳細はホワイトペーパーで解説していますので、ぜひダウンロードしてお読みください。